世界のエステ

世界のエステ

これだけ経済や文化が発展しているわが国日本ですが、エステの世界では後進国。
日本にエステが認識され、普及しだしたのは1980年代とですが、
フランスではマリーアントワネットの時代にすでにエステが存在したと言われています。

 

日本がエステ後進国だからといって、がっかりすることはありません。
だからこそ、さまざまな世界のエステが日本にやって来て、日本で楽しめるようになっているのです。
現在の日本のエステは、そんな世界のエステのいいとこどりとも言えるでしょう。

 

例えばアロマテラピーは、フランスが発祥。
日本ではそれを古来の匂い袋やお香などの文化とブレンドし、新しいアロマを生み出しています。
エステで当然のように行われているマッサージは、元々スウェーデンがその基本を確立したものですし、
イギリス生まれのリフレクソロジーもエステの定番となっています。

 

最近ではアジアンエステが注目を浴びていますよね。
バリ式エステ、タイ古式マッサージ、インドのアーユルヴェーダなどは専用のサロンも増えてきました。

 

アジア以外にもハワイのロミロミマッサージやイスラエルのタソテラピー、数え上げればきりがありません。
これだけたくさんの国のエステを受けられるのですから、日本の女性は本当に幸せです。

ホテルエステ

通いなれたエステサロンもいいですが、いつもと違う場所で受けるエステもまた格別。
ホテルエステの世界へ足を踏み入れてみませんか?

 

ホテルエステといえばやっぱりリゾートですよね。
旅行の際にエステサロンのあるホテルを選べば、心身ともにリフレッシュできます。
女性同士の旅行にはホテルエステは欠かせないもの。
特に海外旅行なら、ご当地エステが楽しめるホテルに泊まることをおすすめします。

 

最近ではシティホテルでもエステサロンを設けている所が増えてきています。
いつもは素通りするだけのゴージャスなホテルでエステを受けるなんて、なんだか贅沢ですよね。
資金に余裕があるなら、日帰りよりも宿泊!まるでセレブになったような気分を味わえます。

 

エステサロンのあるホテルでは、エステ込みの宿泊プランを用意していることがほとんど。
プランを上手に利用すれば、お得な料金でワンランク上の旅を楽しむことができます。

 

シティホテルの1泊プランなら気軽に出かけられるので、忙しい女性でも大丈夫。
お一人様OKのプランも増えています。
ホテルエステは自分へのご褒美や母の日のプレゼントなど、使い方は無限大です。
もちろん、お泊りデートでエステを楽しむのもアリですよ。

ホームエステ

自宅で本格エステが楽しめるホームエステ。
ホームエステという言葉は家庭用のエステ機器や、自宅解放型のエステサロンを意味することもありますが、
ここではエステティシャンが自宅にやって来る出張サービスを指します。

 

ホームエステはサロンに通う時間のない、忙しい女性におすすめ。
家事に追われている主婦はなかなか外出すらできませんよね。
特に小さな子供や世話の必要な家族がいるために家を空けられない主婦は多いはず。
そんなあなたのために、ホームエステはあるのです。

 

自宅でのエステとなると専用の設備がないことが心配かもしれませんが、
スチームやイオン導入、高周波などのマシンを持ち込んでくれることもあります。
自宅にいながらにしてサロンと変わらないエステが受けられるのはうれしい限りですよね。
エステサロンの雰囲気が苦手という人も、ホームエステなら安心して受けられると思います。

 

ホームエステだからといってエステティシャンの質が低いということはありません。
出張サービスだからこそエステティシャンはエステの顔となるわけで、
このエステティシャンが無能であれば、会社全体が無能ということになりますから。
どうしても心配ならば、大手企業のホームエステから入るといいでしょう。